神の乳母~異形に奪われた妻~ネタバレ&ダウンロードサイト

注目

神の乳母~異形に奪われた妻~ネタバレ&ダウンロードサイト

※ここから過激な表現やイラストが含まれます。
刺激 強めなので、読むときはご注意ください。

アダルトに抵抗がなく、

ホラー系が大丈夫な人にオススメです。

それ以外の方は、止めておいたほうがいいかもしれません…

当サイトは、【神の乳母~異形に奪われた妻~】についてまとめています。

無料の立読みをはじめ、マンガのあらすじや内容を書いています。

また、安心に利用できるダウンロードサイトもありますので、

気になる方は、このままお進みください。

初めてのかたは、無料の立読みで中身をご覧になってみて下さいね。

「神の乳母~異形に奪われた妻」
≫無料の立読みはコチラ
【サイトにて、タイトル名で検索♪】

※ここでは、利用者の多い公式サイトを紹介しています。
安全に漫画をダウンロードしたい方にオススメです。

メニュー
作品の紹介
あらすじ
基本情報
ネタバレ
配信タイトル

 

漫画の紹介

【神の乳母~異形に奪われた妻~】のストーリーです。

気色の悪い生物(?)にベッタリ張りつかれて、体を汚されていくヒロイン。

早くその場から逃げ出したいのに、力が抜けてどうにもならないのです。

夫と幼い息子がいるというのに、体を奪われていくヒロイン…

まともに抵抗すらできない状態でどんどん汚されていくと、

だんだんその化け物に母性が芽生えてきて…

【神の乳母~異形に奪われた妻~】は、

スマホ対応の電子コミックです。

まだ読んだことがない人は、無料の立読みからご覧ください。

公式サイトハンディコミックにて 神の乳母~異形に奪われた妻で検索♪

≫ハンディコミック
【公式】はコチラ

ハンディコミック【神の乳母~異形に奪われた妻~】※スマホ専用

 

神の乳母~異形に奪われた妻のあらすじ

あらすじを紹介しています。

神の乳母~異形に奪われた妻の大体の内容が分かります。

なお、アダルトですので未成年の方は、お控えください。

けっこう刺激が強いので…

一人の息子を持つヒロインは、

シッターのバイトを始める。

息子「ユウ」くんの養育費のために、精を出すのです。

仕事先は同じマンションに住むお宅なので、

安心して通える場所。
特になんの不安もなく、訪ねてみたところ、女の人が現れる。

この段階で、異様な空気を感じ取れそうですが、

ゆりえ(ヒロイン)は、あまり深く考えずにお邪魔するのです。

そして、部屋の中へ入っていくと、ベットのところへ案内される。

これから、どんなこを世話するのかと、幸せな表情で近付くと、

彼女の顔は凍りつくのです。

なんと相手は、赤子の形をした生物。

とても人間とは思えないほどの気色悪さなのです。

こんな生物の世話なんて絶対に嫌だわ…

そんな表情でいると、とつぜん体が動かなくなってくるのです。

さらに、その生物がベットから下りてきて、彼女のもとへ近付いてくる。

そのまま体に密着されると、

彼女の乳首を吸い始めるのです…

神の乳母の本編は、ハンディコミックでご覧いただけます。

≫本編をスマホで読む

ハンディコミック【神の乳母~異形に奪われた妻~】※スマホ専用

◆基本情報

どのサイトで読めるのか、スマートフォンでダウンロードできるかなどが分かります。

漫画の作者は?

神の乳母~異形に奪われた妻~を手がけたのは、達磨さん転んだ&チンジャオ娘です。

二人の代表的な作品では、

「飼育小屋少女」や、「女子大生と教授(と僕)のありがちな」が有名です。

どちらも、ハンディコミックにて配信されているので、無料立ち読みできます。
ダウンロードも可能です。

対応デバイスは?

ハンディコミックは、スマホ用のサイトですので、

ほとんどの方が拝見できます。ざっくりと内容が分かるネタバレも読めます。

家族とかにバレないよね?

神の乳母~異形に奪われた妻を読むときに気になるのが、周囲にバレないかどうかです。

バレたら嫌だからなかなか読めそうにない…と心配に思っている方は、その必要はありません。

どうしてかと言うと、
明細書などに漫画のタイトルが載らないからです。

そのため、何を読んだのかは分からないようになっています。

ハンディコミックって信用できるの?

神の乳母~異形に奪われた妻~が読めるハンディコミックですが、

はじめての人は使い方が分からないと思います。

そもそも信用できるかどうかも分からない…なんて方もいるかも知れません。

そういう場合は、口コミをご覧になってみるといいですね。

利用者もかなり多いので、どれぐらい安心かも分かります。

自分もココを利用中ですが、

何を読んだのかは分からないようになっていて、

明細書に神の乳母とは表記されません。

運営会社名/ハンディコミックが載るぐらいなので、気にする必要は無いと思います。

また、ダウンロードした作品は、ネット上のブックケースに保管されます。
なので、読みたくなったときにいつでも読むことができます。

 

◆ざっくりネタバレ

神の乳母~異形に奪われた妻~が、どんなお話なのかが分かります。

ネタバレは知りたくない!という方は、この部分を飛ばしてください。
神の乳母~異形に奪われた妻のエロ画像はコチラ

上の階に住む神守家のベビーシッターをすることとなったユリエ。

特にトラブルもなく、普通の家庭だと思っていたら、

そこは化け物の赤子が住んでいる場所。

恐くてその場から離れたかったのに、体が動かなくなる。

そのままやつに捕まり
胸を持ってかれる。

嫌で仕方がないのに、いいようにされていくユリエ。

そんな無抵抗状態の彼女に、
化け物の行為はエスカレート。

ついにはアソコまで手を出されて、耐えがたい状況にまで追い込まれる。

恐怖と屈辱でいっぱいの彼女だったのですが、

次第に心が揺らいできて…

神の乳母~異形に奪われた妻は、ハンディコミックで配信中の人気漫画です。

 

◆配信されている各話タイトル

1話「怖がらないで、その子は神様なんですから」妻は若く美しい身体を異形に貪られ…」

2話「それ以上イかされたら壊れちゃう!」その触手は私の膣内を蹂躙し愛液を啜りました」

3話「ごめんね…ママのお腹この子に盗られちゃった」子宮の奥まで侵し尽くされた母」

4話「お願いあなた起きないで…っ」眠る夫の隣で異形に身体を捧げた人妻」

5話「しょうのない子…もう少しだけよ」玄関越しに夫と会話しながらイかされて

6話「好きなだけママの中に出して」成長してオスとなった異形との生殖行為

神の乳母~異形に奪われた妻のようなエロ漫画
ハンディコミックで配信中です。神の乳母~異形に奪われた妻は、すでに完結していますのでまとめて読めます。ネタバレは随時追加していく予定です。

作者である、達磨さん転んださんと、チンジャオ娘さんのマンガも絶賛配信中です。

公式サイト「ハンディコミック」のランキングなどを参考にしながら、お気に入りの漫画をダウンロードしてみましょう。

神の乳母~異形に奪われた妻の感想

アダルト漫画にホラーやグロの要素を合わせるのは、とても新しいと思います。

そのため、全体の雰囲気からヤバそうなオーラが出ています。

2つの意味でドキドキできるので、恐怖心とエロをセットで読めます。

神の乳母~異形に奪われた妻では、若い奥さんと例の生き物がメインとなってエロくなっていきます。

ちょっとネタバレになりますが、1話のはじめから、想像を超えるようなストーリーになっています。

下手をすれば、これで完結になるんじゃないかな?と思うぐらいだったのですが、

ストーリーごとにレベルが上がっていきます。

なので、無料立ち読みなどで
自分は大丈夫かどうか確かめてからの方がいいかも知れませんね。

サイトによっては、ネタバレやサンプル画像などもあるので、そちらで確認してみてください。「神の乳母~異形に奪われた妻1話のネタバレ

ダウンロードできますので、
神の乳母~異形に奪われた妻に興味がある場合は、読んでみてください。

◆無料のダウンロードは気を付けたほうがいい?

さいごに、無料ダウンロードについても載せておきます。

スマホで読める神の乳母~異形に奪われた妻は、電子書籍の分類に入り、とても便利なツールです。

スマホ1台あれば
気軽にダウンロードできるので、マンガ好きには必須と言っていいものですね。

また、ネットで検索すれば、読める作品がたくさん出てくるので、

そこから選ぶという選択肢ができますね。

こう見ると、メリットだらけで、不便に感じるほうが少ないかも知れません。

ただ、ネットで読めるマンガにも、デメリットはあります。

それが、神の乳母~異形に奪われた妻の無料ダウンロードです。

こういう系の話を聞くと、むしろいいんじゃないの?

と思いますが、無料ダウンロードはリスクが高いです。

具体的にどんなことがあるのかというと、

大量の迷惑メールに巻き込まれたり、コメントが送られるようになって、動作が重くなる可能性があります。

では、どういうのがダメなのかと言いますと、

ファイル式の無料ダウンロードです。
神の乳母~異形に奪われた妻を無料で読むことの危険性は?

主な種類にrar:ラーや漫画村、
zip :ジップがあり、これらで読もうとするのはオススメできません。

ネットで調べていくと、
無料でダウンロードできるサイトを見つけることがあります。

それ目当てで見つけたときは、ラッキーな気分になるかと思いますが、

ここで注意する必要があります。

1度立ち止まって、どんな所なのか、知っておく事が大切です。

その目安となるのが、運営元が存在する公式サイトかどうかです。

存在するというと変な風に聞こえますが、
ちゃんと運営情報が表記されていて、所在地が分かる所がオススメです。

そのうちの1つにハンディコミックがあります。

公式サイトですので、運営元(Booklive)がちゃんと存在しますし、所在地も分かります。

このようにある程度の情報を押さえることが、ダウンロードするときに大切です。

【神の乳母~】を安全サイトで読む

この漫画の関連ページ

神の乳母~異形に奪われた妻の作者は誰?
神の乳母~異形に奪われた妻を読んだ感想